カンボジアの技能実習生は受け入れやすい

subpage01

いろいろな国から技能実習生が日本に来ています。
アジアの国から来ているのですが、彼らの性格は国ごとに異なっています。

カンボジアの技能実習生関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

カンボジアの技能実習生の場合は、おとなしい人がほとんどです。



カンボジア人のこの性格は、受け入れる側にとってはプラスに働きます。日本人の世界の民族の中では、おとなしい方です。同じような性格なので、カンボジアの技能実習生と気が合います。仕事もしやすいです。
アジアの他の民族の中には、気の強い人たちもいます。
それは悪いことではありません。


しかし、一緒に仕事をする時はその性格が災いして、仕事がスムーズに進行しないことがあります。

カンボジアの人達は、おとなしいので協調性があります。

自分が前に出て仕事をするより、他の人と協力して仕事を進めていきます。

彼らのこの性格は、仏教徒であることから来ています。

仏教の教えの一つは、自分勝手なことをしないことです。
日本にも仏教は浸透しているので、この態度は理解しやすいです。
ただし、おとなしい性格は仕事をする上で邪魔になる場合もあります。



仕事の中では、自分の意思をはっきりさせなければならないことがあります。


そんな時に、何も決められてなくて黙っていたら、仕事が進まない場合があります。
このような場合は、指導する方が、意思をはっきりさせるように激励する必要があります。
強制してはいけません。強制は信頼関係を壊してしまいます。
自分から進んで決められるように、励ます必要があります。