日本人と似てる!?カンボジア人技能実習生の特徴

subpage01

開発途上国の経済発展・産業振興の担い手となる人材育成のため、先進国の進んだ技能・技術・知識を習得することを目的とし、創業が開始された「外国人技能実習生」。

特にカンボジア人技能実習生は日本でも多く活躍しており、今や我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。


1959年頃よりポルポトにより知識人や経済人を数多く失ったカンボジア。

カンボジアの技能実習生の情報が必要な方必見です。

知識人や経済人が激減したことにより、近隣の東南アジア諸国に比べて経済発展が出遅れています。



国内では物品・サービスが不足しており、十分な仕事もなく、労働者の人件費も東南アジア最低と言われています。
まず、カンボジア実習生が日本での就業に向いている最大の特徴として、熱心な仏教徒が多いことが挙げられます。

目上の人を敬う文化があり、感謝の気持ちを手を合わせて「ありがとう」と伝えるところは、日本人と似た価値観を感じることができるのではないでしょうか。また、目上の人を敬う点や、争いを好まず和を尊び、相手の気持ちを汲み取り、相手主体に行動することができる点も日本人の特徴によく似ています。


カンボジア人とって、日本は最大の援助国であり、日本企業や日本人に対する信頼の念は他国に比べて強いものがあります。



若くて技能習得に熱心な技能実習生を受け入れることで、高齢化の進む職場では社内の活性化が期待され、企業の国際交流を推進させることにもつながります。


また、器用で勤勉な技能実習生は、今後の日本の事業活動の改善や、生産性の向上に大きく貢献してくれることでしょう。