カンボジア技能実習生の人柄

subpage01

カンボジアの技能実習生の一般的な人柄は、真面目に良く働くことです。
この点は、カンボジアから技能実習生を受け入れた多くの人が、実感しています。一昔前の日本人と似ていると言う人もいます。
真面目に働くので、労働力として戦力になります。最近の日本人は、肉体労働を敬遠する人が多くなっています。
特に若い人にその傾向が強いです。

しかし、カンボジアの技能実習生は、肉体労働もいとわずに働く人が多くなっています。もちろん、資質は個人によって異なっています。
真面目さが足りない実習生もいます。

カンボジアの技能実習生の相談ならココです。

そのような人を受け入れたら、きちんと指導することが大切になります。
カンボジアの人は、家族を大切にする傾向があります。


これはこの国が仏教国であることから来ています。



仏教の信じている人が多いので、年上の人を敬います。
信仰心が篤いので、人間関係を大切にします。


この点は、実習生を受け入れる方でも配慮しなければなりません。



実習生が家族と連絡を取ろうする場合は、できるだけ援助するように心がけましょう。
この国の人の性格は、温厚で物静かです。


この点も仏教が盛んであることと関連があります。

恥ずかしがり屋の人も多いです。

日本人と似ている面があるので、付き合いやすいと言えます。上記の温厚さは、仕事をする時にマイナスになることもあるので注意が必要です。

自分の意思をはっきり示さないことがあり、接する時に苦労する場合があります。可能な限り早く信頼関係を作って、相手が自分の意思を示しやすくなるように配慮しましょう。