カンボジア技能実習生の日本語の能力

subpage01

カンボジアから技能実習生を受け入れる時は、言葉のことが問題になります。
カンボジアの技能実習生は、本国で日本語を学んでいます。

そのために日本語の能力がゼロということはありません。


最低でも、あいさつ程度の日本語を話すことはできます。

でもそのような能力だったら、日本で仕事を続けるのは難しいことがあります。


カンボジア技能実習生を受け入れたら、仕事を教えながら日本語も少しずつ教えていきましょう。

仕事を通して覚えた言葉は、忘れにくくて、頭の中に入りやすくなります。

実習生の中には日本語の能力の高い人もいます。


そんな人は、子供の時から日本語を学んでいたり、家族や親戚に日本とつながりのある人がいて、日本語に慣れています。
このような能力を持った実習生を受け入れることができたら、仕事がしやすいです。


日本語が上手く使えない人との橋渡しになってくれます。日本語を学んだ経験の長い人だったら、複雑なことも話せるでしょう。また日本の文化に詳しいこともあります。こんな人がいたら、信頼関係をきちんと作って、仕事を進めやすくなります。

魅力的なカンボジアの技能実習生が最近こちらで話題になりました。

カンボジアの技能実習生は、日本に来てからも日本語を学び続けます。
この機会を無駄にしてはいけません。



彼らが日本語を勉強に行く時は、気持ちよく送り出しましょう。
日本で学んでいるうちに、多くの人が少しずつ日本語を話せるようになっていきます。

カンボジア人の日本語の能力が上がってきたら、それを認めて褒めましょう。